スカトロ大小/顔射/バイブ/フェラ/拘束 ※途中若干女×男描写有


「あっ……いい…………んぅ……」
 娼婦の嬌声、腰を打ち付ける音が聞こえる。王のベッドの前、国王専属護衛隊隊長のジェイルは居たたまれない気持ちで立っていた。2年前、セーファスが16歳の誕生日に国王に就任して以来、ほとんど毎夜娼婦や男娼と寝ている。この状況には未だに慣れることはできない。
「あっ……いく、ぅ──!」
「堪え性が無いな」
 ジェイルは頬を赤らめつつ、気を逸らそうと窓の方を見る。バルコニーの外に見える月は雲に覆われている。
 15歳で城に雇われ、19歳で護衛隊入隊、3年前に24歳で隊長になった彼は、このような行為は一度もしたことがない。
 相手なら腐るほど居た。彫りの深い精悍な顔立ち、無駄なく鍛え上げた肉体に健康的に日焼けした肌、光の加減で銀色にも見える薄紫色の長髪は、きっちりと後ろになで上げられている。城内きっての男前である。
 しかし、少々お堅いところがあり、好きでもない相手を抱く気にはなれなかった。そして、そのようなことは、剣の道に生き国王に命を捧げる自分には必要ないとも思っていた。
「ジェイル、気を失ってしまったようだから、お風呂に入れて丁重にお帰ししてあげろ。手を出してしまってもいいぞ」
 バエディル王国国王のセーファスが軽い調子で声をかけた。
 彼の金髪が月の光を反射する。白い肌に柔らかい印象の顔立ち。蒼い瞳が悪戯っぽく輝く。
「私に言わないで下さい……」
 それは召使の仕事であり、護衛官が国王の下を離れる訳にはいかない。ジェイルは振り返らず、気まずそうに金色の瞳を泳がせる。
「俺は心配してるんだぞ、お前もうすぐ三十路だろう? 彼女、俺よりもお前の方が好みのようだったし」
「見ず知らずの女性に何をしろと……」
「見知った女性でも何もしないのだろう、サーシャはどうなのだ」
 数人の召使を呼びつけたセーファスは、言いながら娼婦を引き渡す。
「あれは……妹のようなものです」
 サーシャは城の洗濯係の一人で、去年、田舎が戦場となり両親を失った。それでも城に仕えて生きている。護衛官達の宿舎に洗濯物を取りに来る。茶色い髪をおさげにした愛嬌のある少女で、同じ村出身のジェイルが護衛隊長になっていると聞いて宿舎を担当することを希望したらしい。ジェイルも10歳年下の彼女を可愛いと思っていた。
「では、俺ではどうだ?」
「とんでもございません」
 冗談めかして訊く国王に、ぴしゃりと言い返す。
「まあいい。俺は寝るから、よろしく頼む」
「……はい…………」
 ジェイルは憂鬱そうに返答した。

top next