キルが来てから一ヶ月。

「キールっ」

「せいれんっ!」

あどけない顔で抱きついてくるキル。
細いが僕より背の高い彼に体重を預けられよろける。

「せいれん」

花のような笑顔で僕の名を呼ぶと、そのまま口付けてくる。
そんないつもうんち食べてる口で……君のならいいけどさ……。

「あ、またおもらししてー。トイレ教えたでしょ?」

「?」

かわいい顔で見上げてもダメっ。いや顎を引いて上目遣いでも高さ的には見下げてるんだけど。
僕の趣味で着せた紅いチャイナドレスは尿で湿っている。
……いいじゃないか、これくらい楽しんだって。

「もう……美人が台無しだよ」

言いながらキルの服を脱がせる。
プレイなら大歓迎だが、そうじゃない今これは問題だ。

「せいれんっ……」

パンツを脱がせると、僕を見て盛ってるのかキルのそれが勃起している。

「……エッチだなぁ、キルは」

僕のものに手を伸ばすキルをいなして、新しい服を着せる。

「キル、今、幸せかい?」

「うんっ! せいれんがいるもん」

「そう、それなら良かった」

「せいれん、かなしいの?」

「いや……何でもないんだ。何でも……」

back next